需要が高い中古マンション|物件選びのポイント

女性

住宅を売るには

積み木のマンション

マンション売却で大切なことは、需給関係を把握することと、仲介業者は周辺に詳しいところを選ぶことです。そして内見の際には家具をそのまま残しておいた方が、買主が生活感を想像しやすいので売りやすくなります。

詳細を読む

仲介と売却考える

一軒家

東京からのアクセスが良い新所沢は、不動産の売却を考えている人には有利な土地です。しかし、不動産売却の早急性や契約方法の違いで、売る物件の価値は大きく変わってしまいます。仲介業者を正しく選び、冷静に判断することが重要となってきます。

詳細を読む

不動産相場は上昇傾向

お金と積み木の家

東京とその周辺の県では不動産相場が上昇しています。そのため、債務の弁済が困難になった債務者は債権者の了解を得て担保不動産の任意売却をすることによって、競売よりも高い価格で売却をすることが可能になる場合が多いです。

詳細を読む

中古物件の需要

スーツのメンズ

人気の住宅街である横浜では、中古マンションの需要が高いものです。新築を建てられる好立地が少ないこともあって、条件の良い場所では高値で取引されています。多くの場合、リフォームを前提とした購入となるので、特に手入れがされることなく売り出されるのが一般的です。そのために購入する際にも、リフォームをどのように行うのかを考慮して物件探しをする必要があります。都心部でのマンション価格の高騰を受けて、横浜の中古マンション市場に需要が流れているのも相場上昇の要因とされます。けれども今後は、ゆるやかな人口減少が予測されるので相場は安くなると見られています。逆に売却するならば、早めに検討することが必要になるというわけです。

横浜には優良な中古マンションが多くありますが、購入の際には注意すべき点があります。補修やリフォームにどの程度の費用が必要となるのかを把握することです。さらに建物全体の耐震性にも注意が必要です。横浜のマンションにおいては、耐震偽装が相次いでいるので、事前に確認しておくことが大事です。また、室内を内見した時に、どのようなポイントに注意して見るのかを把握しておきましょう。例えば風の通りを確認することで湿気のこもり具合がわかります。湿気がこもる部屋はまめに壁紙を交換することにもなります。ランニングコストがかかる中古マンションは、それなりの安い金額で交渉する必要もあります。細かな点を把握した上で物件選びをすることが大事です。